2011年02月26日

逆流性食道炎克服プログラム 下部食道括約部 治療



逆流性食道炎克服プログラム

1.jpg


逆流性食道炎とは
食道と胃の境目にある筋肉、下部食道括約部(かぶしょくどうかつやくぶ)が、
様々な要因で締めつける力が弱くなり、胃酸や胃の中にある物が逆流することです。


胃の中にあるものが逆流してしまう原因

・食生活の乱れ
 外食が多い、高脂肪な食べ物の摂りすぎ・・・

・生活習慣
 酒、タバコ、姿勢(猫背)・・・

・ストレスの増加

などが考えられます。


症状は人により様々ですが、

・胸やけ、胃もたれ、吐き気
・酸っぱいものが喉に上がってくる
・ゲップ
・食べ物が喉につかえる
・喉のイガイガ

などです。


逆流性食道炎は、
なかなか治らない、何度も同じ症状を繰り返してしまうのが現状です。


市販の胃腸薬や、病院の処方薬は、
あくまでも一時的に胃酸を減らしてくれるだけです。


どうすれば、
逆流性食道炎に悩まされなくなるか。


下部食道括約部の緩みを正常な状態にすることです。
↓↓↓↓↓

逆流性食道炎克服プログラム




逆流性食道炎改善プログラム 食べる 吐く 効果






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。